FC2ブログ

昨夜の夢

めっちゃ鼻毛伸びてた。
スポンサーサイト



今夜の怒り新党

新・3大がたまらん!!

藤子・F・不二雄先生の異色短編だぁぁっ。

先生のSF短編、大好きなのよ!!
なかなか手に入らない全集があるんだよな~。

なかなか、良いチョイスですよ、ふむふむ。

ちなみに、SFとは「少し 不思議」って意味なんですよ。

素敵すぎる。

よしなしごと。

あんまり書きたくないことだけれど、一日考えて、うん、やっぱり書きたい。
どっちやねん。
一度ビビらずに、書いてみます。今、思っていること。

本屋さんに毎日ほど行きます。
出かけたら、とりあえず何処かしらの本屋さんに寄るのです。
入って、入口は大体何処も、雑誌のコーナーですね。チラリと横目に見ながら、そのお店のピックアップ商品や、売れ筋なんかをチェックします。

で、最近は草間彌生さんの作品集が欲しいなぁと思っているので、求めているような本があるかをチェックするためにアートのコーナーへ。
正直、作品集はいろんな人のものが欲しい。でも、欲望のままに買っていたら大変です。
これらはの値段は、そんなに可愛らしくないので。
その後は、写真のコーナーへ。
主に動物もの。空や植物の写真も好きだけれど、この辺りはキリがないので、こちらもチラ見だけ。
図鑑のコーナーもじっくり。

そのあとはマンガのコーナーを隈なく見ます。
隈なく(笑)
小説コーナーチラリと見て、その日に出会った本をお買い上げ。
「今度何処かで買おう」と思ったら、何処にもなくてガッカリすることもある。
本には出会いがあるので、なるべくその場で買います。

ここ数年は「このマンガがすごい!!」を参考に結構集めたりする。

たくさんの本があって、たくさんの作家がいて、良い本がたくさんあって、みんなが思い思いの時間を過ごして、レジに並んでいる。

ペーパーレスの時代だとか言うけれど、みんな、本を買う。

なんでCDは売れないんだ?

つまりは、良い音楽がないんじゃないの?

売れる本=いい作品ではないだろう。
音楽もそうであるように。


ただ、今の音楽業界は、悪すぎる。

売れ(てい)る音楽=良くない!!

この方程式が、完全に成り立ってしまっている。

もういいよ、握手券。
もういいよ、「ちょっと違うことやってる俺、新しいしかっこいい」感じ。
もういいよ、“売れている”ように見せかけて“売る”方法。
もういいよ、タイアップ。
もういいよ、ヘッタクソな歌。

≪良い音楽≫ってちゃんとあるんだよ。
でも、何が問題かっていうと、みんなそれを知ってることだと思うの。
みんな≪良い音楽≫がどんなものかって知ってるんだよ。
みんなウンザリしてるの。
なのに、なんで変わらないんだろう。
業界の人達が思ってるのにさ、リスナーも思ってるのにさ、なんで変えられないんだろうね。
みんな≪良い音楽≫が聴きたいのに、聴けないの。
だって、無いんだもん。

CDが売れなくなって、CDコーナーが小さくなって、CD屋さんがなくなって。

CDを買って、歌詞カードを見ながら何回も何回も聴いて、何年か経ってまた聴いて。
何歳の頃にはあの曲が流行ってたよねって。
あの時、こんな事を思ってたって、言葉に表せない気持ちを思い出す、あの甘酸っぱい感じ。

もちろん今の音楽でもあるんだろうけど、違うんだよ。
もっともっと、胸が締め付けられるような気持ちになれるはず。



アイドルはアイドルとして存在しなければいけないし、新進気鋭のバンドも出てこなくちゃいけない。
オリコンのチャートも大事で、あえて言うと“スター”がそこから生まれる。
アニメにはアニメの曲、その番組のオリジナルがあるべき。
プロは、上手くなくてはいけない。
下手くそ=味があるって勘違いしてる奴が多すぎる。

私は売れたかったけど、金儲けがしたかった訳じゃない。
お金持ちになりたかった訳じゃないんだよ。

“努力をすれば報われる”っていう正しい世の中を証明したかったんだよなぁ。

誰でも彼でも「アーティスト」。
なんだよ、「アーティスト」って。
私たちもそうやって表現されてたけど、私はバンドマンでボーカリストなだけだった。
あくまで商業的で、俗物的なものであって、芸術なんてめっそうもない。
「ミュージシャン」も、こそばゆいけど、私はミュージシャンで在りたかった。

みんな肩書きばっかりがたいそうで、小手先ばかり器用になって。

プロフェッショナルとかエンターテイメントって、何だろう。

なんで、みんな変な方向にいっちゃうんだろう。

シンプルに「いいもの」つくろうよ。
考えて、悩んで、練習して、積み上げて、つくろうよ。

こんな事ばっかり言ってるから、まぁ、いわゆる「売れないミュージシャン」になったんですけどね(笑)
星の数ほどいる「売れないミュージシャン」で「メジャーにいたことのあるミュージシャン」に(笑)

そやけど、あまりにも変な人ばっかりで、変なことばっかりしてるからさ。

なんか、悔しいね。
すごく悔しい。

でも、私はダメだったんだから、負け犬の遠吠えだ。

でも、何年経っても、ものすごく悔しい。

こういう、せめぎあいの中で、ずっと暮らしているのです。

悔しい間は、唄えないような気がする。
早く、「音楽が好きやから」「唄うのが好きやから」「趣味は唄うことです」って、言えるようになりたいな。

あんまり書きたくないことだけれど、一日考えて。
やっぱり書きたいと思ったから、書きました。

01 | 2013/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
プロフィール

ayawo

Author:ayawo
アヤヲです。
時々、唄ったりしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来てくれたひと。
今、いる人。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR